長期の留守、やっておくべき防犯対策とは?

長期休暇を利用して、どこかへお出かけしようと考えているなら、留守中の防犯対策について考える必要がありますよ。

留守にしているとバレない事が大切ですから、戸締りはもちろんの事、新聞や郵便物は止めておき、インターフォンは録画機能付きを採用しましょう。

夜間に部屋の明かりが点いていないと外出している事がバレてしまうので、室内灯はタイマー式のライトを導入しておき、屋外にもセンサーで点灯するライトを設置しておくと夜間の対策になりますよ。

SNSに外出先の写真をアップするのは不在を知られてしまう事が考えられるため、特に旅行中にリアルタイムをアップするのはNGなのです。

留守番電話も留守にしているという音声ではなく、電話がスマホに転送されるような設定にしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る