護身アイテム、持っていたら違法な場合もある?

現在では、自分の身を守るためには護身グッズはインターネットで簡単に購入する事ができますが、持っていると違法な場合もありますので気をつけましょう。

スタンガンはリーチが短いため、不審者との距離を縮めないと使用するのが難しいですし、反撃をくらったり、逆にスタンガンを奪われてしまうリスクがあるのです。

外国製の防犯グッズも手に入れやすいですが、日本の基準とは違うのです。

護身グッズには、催涙スプレーや防犯ブザー、刺股やカラーボールなど色々と種類があります。

特殊警棒は持ち歩くには許可が必要だと言われていますし、護身グッズによっては正当な理由がないのに持ち歩くと違法になる可能性もあるので注意しましょう。

日本護身用品協会という団体の認定を受けている護身グッズなら安心して使用できるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る