知っておくべき、家の防犯対策

自宅の防犯対策をしようと考えている方も多いかもしれませんが?

防犯対策として防犯カメラの防犯砂利の設置など物理的な対策を考えるかもしれませんが、それらを実践するよりも先に防犯知識を身に付けて、どんな家が侵入されやすいのか知っておきましょう。

住居に侵入する手口として、空き巣は住人が留守にしている時に盗みを行う泥棒の事ですが、居空きは家に住人がいる時に盗みを行う泥棒の事で、忍び込みは夜間に住人が寝ている時に盗みを行う泥棒なのです。

また、強盗にも幾つか種類があり、居直り強盗は窃盗目的で侵入し住人に見つかっても強盗や暴行などを行うのですが、押し込み強盗は家に住人がいるのを知っている上で、押し込み強盗や暴行などを行うのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る