ダミーカメラの設置効果として監視されている、と言ったことや記録されていると思わせることがダミーカメラの使用用途です。本物のカメラでは費用が多く発生してしまいますので、実際のカメラと同じ効果をもっていると思わせるためのものです。

外観上は同じ素材、形状のものもあれば、安い素材を躯体に使用するなど、様々な種類物が販売されています。本物のカメラよりも本体価格が安価で設置後のコストも安くすることができます。
ライトが無いものであれば費用はかかりません。

ダミーカメラを使用した際に期待する効果は低コストで泥棒や侵入者にたいして抑止力をもたらすことを期待するアイテムです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る