住宅の侵入対策

住居侵入への対策をする際に対して、犯人は侵入に5分以上経過してしまう可能性がある家は侵入をあきらめるといわれています。そのため、完全に家に侵入させることができない設備を整えることは物理的に無理でも5分侵入する時間を延ばす設備にすることは可能であるかもしれません。

こちらではドアや窓などに対策をしたばあいに犯人がどの程度の時間をかけるのかと言ったことを検証しています。

こちらの記事では窓を例にしてあげていきますと、一般のガラスでは10秒程度で侵入を許してしまいます。

一方で強化ガラスでは安心できるかというとそうではなく、先の尖ったもので、叩くとすぐに割れてしまい、到底5分の時間を稼ぐことができないことになってしまいます。
CP建物用のガラスですと5分以上の時間を駆けることに成功していますので、効果的といえそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る