屋外に防犯カメラを設置するときの注意点

動画で紹介されているカメラは防滴カメラですが、それでも屋外に設置する際には注意すべき点があります。端子の部分というのは防水仕様にはなっていませんので、そこに防水テープを張っていく必要があります。

通常はBNCをさしていただいて延長ケーブルを差し込んでいくという方法で屋内であればこれで済みますが、屋外で使用する場合には、接続したところの金属部分を防水テープで巻いていきます。巻いていくコツとしてはテープを伸ばし真柄巻いていくことによってテープのシワをある程度抑えることが出来ます。

コレによって漏電の可能性も少しでも軽減するために巻くようにしたほうが良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る