路上の防犯対策

今回は女性の被害が最も多いと言われる、路上のひったくり防犯対策についてご紹介致します。
女性がひったくりに狙われやすい大きな理由として、やはり男性よりも力が弱いこと、そして女性は財布やカギ等の貴重品をバッグの中に全てしまい込んでいる事が多いのが挙げられます。

ひったくり防止の為に大切なのはまずバッグの持ち方を変えると言う点です。
バッグはシャドウと反対側の肩にかけるようにし、更に前に抱えるように両手でしっかりと支えておきます。
また歩きスマホや歩きながら音楽を聴くということを止め、常に周囲の状況を把握出来るようにしておくのも非常に大切です。
そして防犯グッズとして防犯ブザーを持つのも有効で、自分に合った防犯ブザーを外から見える所につけるようにし、周囲に防犯に対しての意識が強い事やブザーをいつでもならせると言う警戒心を植え付けます。
防犯ブザーの有効な使い方の一例として、人気の無い所を歩かなければならない時は常にブザーの紐を持つようにしておくと、万が一バッグが盗られてしまってもその瞬間にブザーが鳴るので、犯人に怯む隙が生まれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る