常備すべき防災リュックの中身

災害に遭遇してしまった時、逃げるのに使うのは両手が使えるリュックが基本となります。
日頃から防災用のリュックの中に非常時に必要なものを入れて用意しておくことは非常に大切ですので、今回はリュックの中にいれておくべき道具についてご紹介致します。

まずコンパクト防寒着は体温を維持できるだけではなく、寝るときの布団替わりとしても使えるのでおすすめです。
夏場は不必要のようにも感じますが、夏場でも夜は冷えますから季節を問わずに必要なものと言えるでしょう。
また懐中電灯も夜にあると非常に便利なアイテムです。移動にも使えますし、何かを探す時にも使えます。

そして意外なものの1つが新聞紙で、これは座って休むときの敷物にもなりますし、火を着ける時の種火としても活躍してくれます。
また新聞紙は断熱性が高いので、寒い時の断熱シート替わりにもなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る